正匠ブログ:スタッフ日記
「正匠の家」スタッフ日記

かごしまの家づくり本2016春夏号(2016年4月25日発売予定)取材に同行してきました。

0

    今回のお客様は、今から7年くらい前、弊社近くのナフコ姶良店に行った帰りに
    初代ソーラーサーキットの家のモデルハウスをご見学されたのがキッカケです。
    しばらくは家づくりの計画はなかったのですが、子供達のことなどを考え、
    一念発起、家づくりをすることに!


    コピーライターがご家族の皆様に、なぜ正匠に依頼したか、
    住み心地などを質問して文章にまとめて行きます。


    ご主人様が、窓に飾ってあった1/100の白模型を持ち出し、
    当時の思い出なども話していただきました。


    家族の笑顔はやっぱりイイ!!


    取材の最後は、ご家族の記念写真を撮り、
    カメラマンから見せてもらっているところです。

    ご主人様が寒いのが嫌いとのことで、
    家を建てるなら寒くない家がいいということでした。
    2014年12月28日弊社の外断熱・二重通気工法
    「ソーラーサーキットの家」リフレアのモデルハウスに
    夕方からご家族で宿泊体感していただきました。


    「ソーラーサーキットの家」リフレアのモデルハウス

    お客様の感想は
    「外はとても寒い日でしたが、部屋の中はとても暖かで静か、
    朝までぐっすり眠れました。また、朝も心地よく起きることができ、
    ソーラーサーキットの家のすばらしさがよく分かりました。」
    という感想をいただきました。
    この宿泊体験が決めてとなり、「ソーラーサーキットの家」リフレアで建てることになりました。
    2015年4月30日に引渡しを行い、夏と冬のシーズンを体感していただいてます。
    今回は夏と冬の住み心地もお聞きしました。
    高性能のエアコンは取り付けていただいたのですが、
    夏は扇風機だけで過ごされ、冬は蓄熱暖房器を採用していただき、
    今年2月の大雪の日も朝からポカポカで室内はとても心地良い環境だったそうです。
    ちなみに蓄熱暖房器は、電気代が高くなるという方がいらっしゃいますが、
    弊社の「ソーラーサーキットの家」で蓄熱暖房器をご使用のお客様は
    電気代が冬季1ヶ月料金が17,000円前後で済むとのことでした。

    ここで蓄熱暖房器の特徴を少しご紹介いたします。

    弊社が推奨する蓄熱暖房器はドイツのAEG社でシーズンセンサーの付いた商品です。
    基本的には、オール電化の家で深夜電力で蓄えた熱をファンでゆっくり放出し部屋を暖めます。
    オール電化ですので、ガス料金はかかりません。

    特徴1
    エアコンのように風によるホコリの巻き上げ、騒音、お肌の感想などは気にしなくてもいいです。
    特徴2
    火を使わないので水蒸気が発生せず、結露の心配がありません。
    アレルギーの原因となるカビ・ダニの発生を抑え、家にも人にも優しい暖かさです。
    また、お年寄りからお子様まで安心してご使用いただけます。
    特徴3
    主に輻射熱でお部屋を暖めるのでAEG蓄熱暖房器のファンは
    自然対流を促進させるための微風ファンです。
    独自の静穏設計で存在すら忘れてしまうほどです。
    特徴4
    燃焼部分がなく、20年以上の耐久性があります。
    特徴5
    AEG蓄熱暖房器はシーズンセンサーが付いてます。
    外気温に合わせ、蓄熱量をコントロール。
    春先など暖かくなった時は余分な蓄熱をしないので省エネにもなります。
    デメリットは秋から春までの暖房専用の商品でやや高額。
    2kw〜7kwまであり、7kwの本体定価が、
    リモコンシーズンセンサータイプで¥378,000-別途施工費。
    また、重量が2kwで118kg、7kwで373kgありますので、床の補強も必要です。
    ピアノ一台分くらい考えていただければ良いと思います。
    さらに、電源が200Vで、専用のブレーカーを取り付ける必要もあります。
    しかし、弊社で「ソーラーサーキットの家」を建て、
    蓄熱暖房器をご使用のお客様は口をそろえて、蓄熱暖房器を採用して良かったと言われます。
    それくらいマイナスよりプラスに感じることが多いのだと思います。

    また、こちらのお客様宅には、家全体の水を浄化する全館浄水器も設置していただきました。

    全館浄水器は、水道メーターと建物の間に設置する浄水装置で
    家に入る全ての水を浄化してくれます。
    キッチンの水だけでなく、お風呂、洗面、洗濯水、トイレ、外部水道、全てです。
    こちらのお客様は、奥様や娘さんが風呂あがりに肌がかさつかなくなった、
    ご主人様からは、今までよく温泉に行っていたが、ほとんど行かなくなったと
    ご感想をいただきました。
    奥様や娘さんの肌のかさつきがなくなった理由は、
    浄化することで皮膚のタンパク質に塩素(カルキ)が付着しないからです。
    髪も同じように髪の毛のタンパク質に塩素が付着しないため、
    パサつきを抑えることができます。
    また、他のお客様からは痔の手術をして、ウォシュレットを使う時ヒリヒリしなくなった、
    また、洗濯物が柔らかくなったというご意見もお聞きしています。

    今回の施主様は\犠⊃箴の古代漆喰や燻煙熱処理材(宝蔵いぶし杉)などの
    自然素材をお使いいただき、空気の改善、∩幹枉水器で水質改善、
    1鸚岾粟調理器スーパーラジエントヒーターで食の改善、
    こ庵杷・二重通気工法「ソーラーサーキットの家」リフレアで家全体の
    温熱環境の改善(眠りを促進し、ヒートショックを防ぎ、冷暖房費の効率を上げる)、
    夏は1日40ℓの除湿機付きで不要な湿気を入れず、さわやかな環境をつくります。

    以上の内容に多くの収納や家事動線の工夫、広い玄関の土間スペースなど
    遊び心も加え、外観も正匠の特徴でもある丸窓、たて格子、下屋で
    トータルデザインしてあります。

    最後に外観、内観の写真もどうぞご覧くださいませ。

    <外観>



    奥行き感がある玄関ポーチ。
    まるで料亭のようだと言われるそうです。


    正匠らしさを表現し、使い勝手を考慮した軒の深い下屋、丸窓、たて格子。




    お客様もほのかな明かりでお出迎え。
    表札は備前焼きです。

    <内観>

    玄関を入ると、大きめのニッチに照明を入れ、迎え床風につくってあります。


    奄美に勤務していたころ、子育てなどでいろいろな方々にお世話になり、
    その思いを大切にしたいと思い、知人の紬職人に相談したところ、
    紬を分けてもらえたということで、建具に入れ、思い出とともにデザインしました。


    階段のニッチには、かわいい雛人形が飾ってありました。


    KUBOYAMA

    姶良市池島町 またひとついい家が出来ました。(新築) 2016年2月23日引渡し

    0
      2020年省エネ基準クリア
      正匠オリジナルの外断熱・二重通気工法+自然素材の家










      玄関に入るとオシャレな空間がお出迎え。
      ザックリ塗った漆喰を照明の効果で印象的に見せています。


      玄関から直接和室へ入れます。
      ダウンライトを壁に寄せることで、
      無表情な壁にメリハリをあたえます。


      右側はファミリー玄関。
      造作の建具は和紙クロスを張り、アクセントをつけてあります。


      リビングのハキ出し窓から外へ出ると広々10畳のタイルデッキがあります。




      室内は基本的に間接照明です。
      古代漆喰にやわらかく反射し、目にもやさしい空間を演出しています。


      リビングに併設の書斎スペース。
      キッチンからダイニング、リビング、書斎スペースを見渡せます。


      キッチンの後には勝手口と大容量のパントリー。


      落ち着きのある和室。
      丸窓と朱色の戸襖がとても印象的です。


      寝室はベッドの枕元にニッチを造作。
      メガネを置いたり、ケータイの充電に役立ちます。


      寝室には造作の本棚。


      寝室の隣には、造作で大容量4畳のウォークインクローゼット。


      脱衣室は収納・カウンター付。
      ドライルームも兼用します。


      トイレは間接照明とブラウン色で、
      落ち着きのある空間に仕上げてあります。
      また、モザイクガラスを一部使うことでモダンな雰囲気も演出。


      KUBOYAMA

      長島町のお客様、1年点検を行いました。

      0

        施主様の立会いの下、24時間換気システムが空気の入れ替えを
        定められた基準でしているか専門業者により、数字で確認してもらいます。



        床下は水道工事業者で水もれ等がないか点検してもらいます。
        とてもきれいな状態です。



        天井裏は大工がボルト・ナットの緩みの点検を行います。



        各専門業者に集まってもらい、点検をすることで、
        約40分くらいの短時間で終了です。



        キッチン・ダイニングから続く土間リビングは、
        ご両親様が農作業の後でも気軽に出入りできるよう、
        玄関とは別に勝手口を2ヶ所設けてあります。
        床は掃除がしやすいよう全面タイル張りです。







        KUBOYAMA

        2016年1月16日 横川町で地鎮祭を行いました

        0
          前日まで曇りや雨の日が続きましたが、
          この日は地鎮祭を祝うかのような雲ひとつない晴天でした。



          地鎮祭に合わせ、弊社社長が作った100分の1の白模型を披露。
          子供たちは自分の家に興味津々の様子・・・


          神棚に模型と図面を供え、地鎮祭の始まりです。


          施工業者も参加し、全員で工事中の安全と
          施主様ご家族の健康と繁栄を祈願して執り行われます。


          施主様のクワ入れ


          施工業者のスキ入れ


          業者代表が玉串を供え、参加業者全員で二礼二拍手一礼を行います。


          最後は施主様と業者の顔合わせを行い、
          施主様よりご挨拶をいただき、地鎮祭は終了しました。

          ご参加いただいた皆様へ感謝申し上げます。



          KUBOYAMA

          11月29日(日) 地鎮祭がありました

          0
            この日は肌寒い小雨。
            施主様ご家族、奥様のご両親、お姉様、また施工業者にも
            参加していただき、家づくりの第一歩でもある地鎮祭を行いました。



            弊社社長が作った100分の1の白模型に子供たちも興味深々の様子です。



            無事の完成を祈願して、地鎮祭の始まりです。



            敷地の四隅を清めます。



            最後は施主様と業者の顔合わせを行い、1社ずつ自己紹介をして
            この日の地鎮祭は無事終わりました。

            これからまたひとつ、いい家が出来ていきます。


            KUBOYAMA
             

            またひとついい家が出来ました!

            0
              今回は親から譲り受けた築35年の家をリノベーション。
              長年の想いと夢を叶えたアメリカンクラシックがテーマです。



              玄関部分を1坪増築。
              雨の日でも出入りしやすいように屋根を延ばしてあります。




              玄関ドアを開けるとバティックタイルを張ったニッチがお出迎え。
              リビング入口のブラックに塗装したオリジナル引戸が、
              玄関でアメリカンクラシックを予想させます。




              玄関ホールの床はオーク無装品に蜜ろうワックスで仕上げ、
              へリーンボーンの床の張り方・
              素材にもこだわりを見せます。



              リビングに入ると薪ストーブがあり、冬装備は万全。
              右側正面は弊社大工が実際使っていた足場の道板が張ってあり、
              グッとクラシック感を醸し出します。



              道板の壁には、あえてシルバー色のスイッチプレートを採用。
              落ち付きのある仕上りです。




              リビングには、アイランド型のオープンキッチン。
              奥行97僂離ウンターは忙しい時はここで食事ができます。



              左側は以前縁側だったところが、庭を見ながら食事が出来るダイニングスペース。
              奥のカウンター棚はパソコンスペースです。



              リビングから子供室へつながるロフトは
              リビングの解放感と存在感を演出してくれます。



              床材はラスティックオークに蜜ろうワックス仕上げ。



              キッチンの後は、アメリカの地下鉄に使用されているサブウェイタイル。
              1枚1枚張ってあります。



              キッチンの照明や小物など、奥様のこだわりを感じさせる支給品です。






              子供室のドアも造作。色はブルーグレー。
              支給品のガラスもセンス良く納まってます。



              子供室はホワイトを基調に仕上げてあります。
              入口は2ヶ所。将来間仕切りできます。



              子供室からはクライミングホールを使い、ロフトの遊び部屋へ行き、
              リビングへ出られるように設計。
              伸縮ハシゴも準備してあります。



              クライミングホールドの壁も道板を使用。



              子供室のドアノブも支給品です。



              子供室入口のドアガラスも支給品。
              外の光がガラスに入り込み、カメラで写すといつもは気付かない色が見えます。



              寝室は一面だけブルーグレーのクロスとブラウンで
              落ち着きのある雰囲気に仕上げてあります。
              奥のスペースは扉なしの収納スペース。



              造作洗面の鏡は可動式。
              シンクは医療用シンクを採用。



              造作洗面台の照明はマリンライト。
              影まで印象的です。



              トイレ入口には真鍮のアメリカスイッチ。
              ON・OFFの音と手ごたえは、毎回独特のスイッチ感を楽しめます。



              トイレの壁はコラベルタイル。
              小物・照明・タイル・全て奥様の支給品です。



              数年前につくられたウェルカムボード。
              経年変化が今回の家づくりに一役かっています。


              リノベーション前の家の様子は「事例集」をご覧ください。


              KUBOYAMA
               

              遠赤外線調理器具 スーパーラジエントヒーターの実演会を行いました。

              0
                2015年8月2日 日曜日
                弊社の外断熱・二重通気工法「ソーラーサーキットの家」
                リフレアモデルハウスにて、メーカー担当者による実演会を行いました。
                午前はハンバーグとごはん、午後は大学芋。
                どちらも目からウロコ!!の実演会です。
                また、弊社のモデルハウスは、このような油を使う料理をしても
                翌日まで臭いは残りません。



                午前の部はハンバーグとごはん。
                メーカーの担当者より基本的な説明を聞き、調理スタートです。



                キッチン近くに集まってもらい、一部使い方も説明しながら進めていきます。



                スーパーラジエントヒーターで水道水を沸かすと酸性水がアルカリ性に変わり、
                このお湯で焼酎を割るとアルカリ性の焼酎に変わります。
                等々・・・実験も含めた実演会です。





                最後は全員で試食をします。


                おいしいですか〜♪




                午後の部は大学芋をつくりました。
                あたためる前のフライパンに、水にさらし水気を取り除いたお芋と
                砂糖・油(100奸砲鯑れてから電源を入れ、少しずつあたためます。
                お芋に砂糖をからめて数分で出来上がり。
                遠赤外線の効果でお芋はホッコリ、表面はパリパリのおいしい大学芋ができます。
                さらに驚くことに100佞量がほとんどカップに戻ります。
                体にとってもやさしいのです。



                いっしょに来ていた子供たちは何ができるのか興味深々!!
                リビングのたて格子から、キッチンをのぞき込んでいます。



                午後の部も試食をしていただき、今回の実演会は終了しました。
                毎回のことですが、皆様このような調理器具があることは驚きを隠せないようでした。
                次回はあなたも体験されてみてはいかがですか?



                KUBOYAMA
                 

                またひとつ、いい家が出来ました。

                0
                  加治木町反土
                  外断熱・二重通気工法「ソーラーサーキットの家」リフレア


                  今年の初夏にお引き渡しを行なったS様宅・・・
                  外構・造園も終わり、断熱・気密・通気性能を備えた
                  「ソーラーサーキットの家」リフレアが新しく誕生しました。
                  こちらの気密測定結果は、工事中・完成後とも相当隙間面積C値=0.4㎠/屬任靴拭


                  雑木林の雰囲気を醸し出す造園・・・


                  正匠のモダン和風へのこだわり・・・
                  下屋根・丸窓・たて格子はお客様もお気に入り。







                  キッチン・バス・洗面・トイレ・洗濯・散水・・・
                  全て塩素を取り除いた水を全館に供給します。


                  全館浄水器の設置完了。
                  これから安心して水を使えます。



                  LDKの仕上げは全て自然素材。
                  造作の勉強用カウンター・TVボードも見えています。




                  リビングには吹き抜けを設置。
                  シーリングファンで季節問わず快適に暮らせます。


                  リビング入口には知人からいただいた大島紬を建具に
                  はさみ込んでデザインしてあります。


                  玄関に入ると和室へ続く土間があります。
                  それを仕切る美しいたて格子の引き戸・・・
                  右側には正匠オリジナルの小窓を使った郵便窓が見えます。
                  いちいち外へ出なくても郵便物を取れます。


                  和室へ続く土間からは直接外へも出れます。
                  丸窓と月明かりをイメージした照明は、
                  やすらぎの空間を演出してくれます。


                  土間から和室・リビングを見たところです。


                  リビングに接するウォークインクローゼットは大容量。
                  枕棚やステンパイプは施主様と現場打ち合わせで決めました。
                  実はここの入口の建具にも大島紬を入れ込みデザインしてあります。


                  トレイの引き戸を開けると落ち着きのあるオシャレな空間へいざないます。
                  「せまい所ほど居心地を良く」、これが正匠のこだわりです。





                  これが「ソーラーサーキットの家」リフレアをコントロールする
                  SCナビゲーションシステムのコントローラーです。
                  住む人がその地域や体感温度で温熱環境をコントロールしてくれます。



                  KUBOYAMA


                   

                  中津野建売モデル 完成へ向け作業中!!

                  0

                    新築ライフスタイル塾の現場研修の場所になっていた建売モデルも
                    もうすぐ完成です・・・


                    クロスはこのような機械で自動のり付けされます。

                     
                    和室の和紙クロスを張るところです。
                    天井の作業はとても大変ですが、手際よく張っていきます。


                    クロスを張った隅の部分をしっかり押さえて仕上げます。


                    クロスの張り終わった部屋は職人さんたちがきれいに掃除機をかけます。


                    電気工事も照明を取り付け、ほぼ完了です。


                    大工は造作の棚を加工中・・・

                     
                    シャッターの取付作業中・・・
                    狭いスペースでの作業に慎重かつ丁寧に、また体力が必要です。


                    道具をうまく使いこなし、型を作っていきます。


                    板金の職人が使う道具。



                    KUBOYAMA


                     

                    新築ライフスタイル塾(最終回)

                    0
                      2015年2月15日からスタートした新築ライフスタイル塾は
                      全5回研修課程を経て、座学・現場研修とも完結いたしました。


                      弊社社長のあいさつで第5回新築ライフスタイル塾(最終回)の
                      スタートです。


                      今回の新築ライフスタイル塾の座学は外構工事についての勉強でした。


                      研修現場の図面を元に車や木の配置を思い思いに想像してもらい、
                      書いてもらいました。








                      現場研修の場所になった建売モデルは内装工事もほぼ終わり、
                      仕上げの説明を受けています。


                      研修の最後は本物の室内壁の下地に漆喰を塗ってもらいました。


                      まずは弊社の社員が漆喰塗りの見本を見せます。


                      参加者の皆様も自由に漆喰塗りの体験は楽しみましたが、
                      難しさも分かっていただいたと思います。


                       


                       


                       



                      なかなか手際のいい少年・・・
                      左官職人になれそう!!


                      小学生の子供は手形と日付を入れ、
                      夏休みの自由研究の宿題に決まりです。


                      最後は修了証書と新築・リフォーム工事に使えるポイント券を渡し、
                      全工程を終了いたしました。


                      長期に渡り、ご参加下さいました皆様へ、改めて御礼申し上げます。
                      ありがとうございました。


                      KUBOYAMA

                      << | 2/4PAGES | >>

                      カテゴリ

                      最新記事

                      アーカイブ

                      旧ブログ

                      サイト内検索

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << October 2020 >>

                      リンク

                      その他

                      携帯

                      qrcode