正匠ブログ:スタッフ日記
「正匠の家」スタッフ日記

姶良市加治木町木田のモデルハウスにて

0

     

    お世話になっております。

     

    最近割ってしまったグラスで、テラリウムに挑戦しようとしている池田です。

     

    さて、突然ですが、正匠の家の特徴の一つに高気密高断熱です。

    省エネ等級や一次消費エネルギー等級の検討、毎度ブログにアップしている気密測定の実施、

    さらに、外張り断熱により壁内結露や断熱欠損を少なくし、家を長持ちさせます。

     

    先日建て方を行い、現在大工さんが断熱施工中の

    加治木町木田のモデルハウスも例に漏れず、高気密高断熱で施工しております。

     

    ですが、本当に高気密高断熱の家を作るには、施工中に気を付けなければならないことが沢山あります。

     

     

    例を挙げるとすると、『熱橋』というものがあります。

     

    断熱材を外側から止める釘やビスは、断熱材を貫通して、柱や間柱に止めます。

    ですが、人間が手作業で行う仕事ですので、柱や間柱の位置を外してしまう事もあります。

    そういった場合に、この『熱橋』は発生します。

     

     

    ↑柱や間柱に釘やビスがしっかり止まっていれば、木材が断熱の役割を果たすため、熱の移動は起きません。

     

     

    ↑柱や間柱を外して釘やビスの先が出てしまうと、素材が金属ですので、そこで熱の移動が起こってしまいます。

    熱の移動が起きれば、空気中の水分が水滴になり、釘の周辺に結露が発生します。

     

    壁内ですので、結露が起きてしまうと見えない所で、カビが生えたり材料が腐ったり等の現象を起こしてしまいます。

    たかが一本の釘と思われるかもしれませんが、

    家を長持ちさせる事やその家に住むお客様の健康の事を考えれば、致命的な一本になってしまいます。

     

    対策としては飛び出してしまった釘の裏側に、発砲ウレタン等を吹き付けて、断熱層を作る事で結露を防ぐことが出来ます。

    正匠の現場では、壁の石こうボードを張り上げる前に大工さんが確認をして、この作業をしております。

     

     

    また、熱橋の例だけでなく、単純な断熱の欠損も気を付けなければなりません。

    断熱材とサッシの隙間や断熱材同士の継ぎ目も気密の事を考えて、テープ処理をしますが、

    その前に発砲ウレタンで隙間を埋めます。

     

     

     

     

    ↑サッシが入る周りの断熱の処理の写真です。

    断熱材の隙間を埋めた後、気密処理の為に上から気密テープを貼ります。

     

    例を出すとまだまだたくさんありますが、

    こういった細かな部分に注意しながら施工を行う事で、高気密高断熱が出来上がります。

    見えない部分だからこそ、気を付けて施工しなければならないのです。

     

     

    今回も堅苦しい感じになりましたが、現場から気づいたことがありましたら、また発信していきます!

     

    以上!工務の池田でした!

     

     

     


    毎度お世話になります。

    0

      こんにちわ!お久しぶりーの徳重です^^

       

      昨今のコロナウィルスの影響で、いよいよ正匠の事務所の

      トイレットペーパー不足に陥ってしまい😂😂

      いよいよ、ドラッグストアをはしごしている徳重です^^;

      デマって怖いですね(゚Д゚;)拡散には気を付けたいところです。

       

      さてどうでもいいかもしれませんが、私、朝はめざましテレビ派でして。

      (きょうのわんこが好きです🐕)

      気になるニュースが・・・

       

      漆喰の原料である消石灰を使った感染対策用品が開発されているそうで。

      私たち正匠では、漆喰を内装の壁や天井に使用することが多いので

      とても気になり、しらべたところ、関西ペイントさんが開発された

      抗菌・抗ウイルス機能があるという「接触感染対策テープ」(税抜き4000円)。

      こちらの商品は結構人気のようで、オフィスのドアノブなどに貼られているそうです。

      テープの原料は、消石灰。

      漆喰の主な原料である消石灰は、鳥インフルエンザ対策などに用いられているが、

      これをシートにコーティング。新型コロナウイルスへの効果は未検証ながら、

      インフルエンザウイルスは、接触後30分で99.6%減少させることができるということなのです!

       

      消石灰すごい!ってことは、これが原料の漆喰もすごいってことですか?!

      漆喰は調湿作用だけではなく、抗ウィルス作用も含んでいる可能性が高いとなると、

      昔から、お城の壁などにも漆喰が使われており、

      きっと意識せずにそうやって日本の気候風土に合った漆喰などの

      材料を活用してきた先人の知恵は素晴らしいと感じるところです^^

       

      原点回帰。

      人の手で仕上げるからこそ、人にやさしい環境が生まれるのではないでしょうか?

      なんちゃって^^;

       

      早く、この状況が落ち着くことを願って・・・

       

      正匠 徳重

       

       

       


      鹿児島市伊敷の現場にて 鉄骨階段 No.2

      0

         

        お世話になっております。

         

        最近、炬燵で寝てしまう池田です。

         

        先日、記事にあげた鉄骨階段を塗装いたしました!

         

         

        踏板が乗る面は塗装がされていませんので、鉄板は錆止めの赤色のままですが、

        黒色になるとまた雰囲気が変わります……

         

        階段の踏板を乗せて固定するのと、左右のささら桁を固定する為の鉄板も取付を行いました。

         

         

         

         

        ↑前回も写真を載せた、上下の取り付け部分は壁の石こうボードと

        床下地の針葉樹合板の中に納める事で、ボルトの存在感は無くなります。

         

         

         

        ↑踏板が乗せられるように、ボルトは鉄板より出ないよう納めています。

         

         

         

         

        ↑手摺も前回までは錆止めの赤色でしたが、黒で塗装しています。

        今回の手摺はお客様のご要望もあって、握りの部分も鉄骨で作成していますが、

        握りの部分を木材で仕上れば、手で触った際の冷たさを軽減する事もできます。

         

         

         

        ↑鉄板に開いている大きい方の穴は、手摺固定する為のボルト用で、

        小さい方の穴は、鉄板の裏から踏板になるパイン材(北米のマツ科の木)の

        集成板を止めるビス用の穴です。

         

         

         

        後は最後の仕上げで、踏板をのせて、手摺を取り付けるだけになりました。

        また仕上がりましたら皆様にお届けします!

         

        以上、工務の池田でした!

         

         


        鹿児島市伊敷の現場にて 鉄骨階段

        0

           

          お世話になっております。

           

          最近甘い物ばかりを食べて、各所から注意を受けている池田です。

           

          さて、伊敷にて稼働中の2階建ての現場ですが、階段をお客様の要望もあり

           

          一部鉄骨で階段を施工しました。

           

           

          鉄骨は大きく分けて二種類に分かれます。

          厚さ6舒幣紊僚杜姪換と、6侈にの軽量鉄骨です。

           

          通常、重量鉄骨は3階建て以上のビルなどの大きな建物の構造体等に使用し、

          軽量鉄骨はそれ以外の戸建て住宅の構造体や、今回の様な鉄骨階段などの造作に使用します。

           

          鉄骨階段といえど、軽量鉄骨なので厚さは6侈に。

          人が乗って大丈夫なのかと疑問に思われる方もいるかと思いますが大丈夫です。

          基本的にこの軽量鉄骨は、平べったいふにゃふにゃの板のまま使用せず、L字に折り曲げて使用します。

           

           

          また、根本的に階段にはいくつかのパターンが存在します。

          壁に囲まれた一般的な階段や、

          階段下が段板(階段の踏み板)の隙間(蹴込み)から見える『ストリップ階段』、

          全体的な形や間取りを考えると、一直線の『直階段』、

          途中で90度曲がる『かね折れ階段』、

          2回90度曲がって戻ってくる『折り返し階段』等です。

          勿論、細かな納まりやその時々の条件で無数に形が出てきますので、

          そこはこの記事では割愛します^^;

           

          鉄骨で一般住宅の階段をつくる場合、よく見かけるほとんどの住宅ではストリップ階段になっています。

          今回の階段も段板は集成材で、段板を支える『ささら桁』の部分を鉄骨で仕上げます。

           

          その鉄骨の材料を先日、現場に搬入して、取り付けを行いました。

           

           

           

           

          ↑鉄骨を取り付ける基準と上下の取付位置を確認して止めていきます。

           

           

           

          ↑段板以外は、しっかりと固定するために通常のビスではなく、コーチボルトを使用します。

          止める相手も、壁下地の桟や、間柱ではなく、柱にしっかり止めていきます。

           

          これは外断熱だから可能な事でもあります。

          外部面でしっかり断熱ラインが取れていますので、ボルトで止めても安心なのです。

          これがグラスウールなどの充填断熱だと、熱伝導率の高いボルトやビスが柱や下地位置から外れてしまったり、断熱材に到達してしまうと、断熱材の中で結露が発生し、カビの原因になります。

           

          どちらにしても、施工の際に止める金物はしっかり木材に打つことが必須です。

           

           

           

          ↑反対側も位置を確認して取り付けます。

          段板の取り付けと、壁に直取付を行っていない手前側のささら桁をさらに強く固定をする為に、

          この2枚の間にさらに折り曲げた鉄板を取り付けます。

           

          ですが、今回はここまで!

           

          実はこの赤い状態の鉄骨ですが、錆止め用の塗装しかしていないんです。

          この後、仕上げの黒色に塗装をします☺

           

          また、、塗装をして仕上がった記事は改めて投稿いたします(・∀・)

          以上!工務の池田でした。

           

           


          石谷町 新築平屋建ての近況報告〜若葉マーク日誌〜

          0

             

             

             

            お世話になっております。

             

            正匠の営業工務 平石でございます。

             

             

             

             

            さて今回は、鹿児島市石谷町 新築平屋建ての現場からご報告させていただきます!

             

             

             

             

            現在こちらの現場は、

             

            大工工事が残りわずかとなってきている状況ですが、

             

            今回は少し時をさかのぼって、昨年12月に行った気密測定の報告をします(*^_^*)

             

             

             

             

             

             

            そもそも気密測定とは…

             

             

             

            過去にも何件か気密測定の記事がありますが、改めて説明させていただきます。

             

             

             

            単刀直入に言うと、気密測定とは


            住宅の隙間の量を計測する検査のことです。

             

             

            この気密測定により、住宅の隙間の総面積が分かります。

             

             

             

            気密(家の隙間)は「C値」という数字で表します。

             

            C値が小さければ小さいほど隙間が少ない家ということになります。

             

            隙間(C値)が大きければ、その分家の中は外気の影響を受けやすくなり、

             

            夏暑く、冬寒くなりがちのお部屋になってしまうことがあります。

             

            また隙間(C値)が大きいと、換気計画もうまくいきません。


            ストローでジュースを飲もうと思った場合、

             

            ストローに穴があいていると驚くほど吸えないってご存知ですか?

             

            これと換気計画も似ていて、換気扇から汚れた空気を外に排出しようとしても、

             

            家が隙間だらけだとうまく空気が逃げていかないのです。

             

            C値1.0以下を確保できれば、換気計画どおりに空気は入れ替わります。

             

            弊社の新築現場では、この気密検査を毎回行っています。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            さあ、長々とした説明はこの辺にして(;^_^A

             

             

            石谷町の新築平屋建ての現場、気密測定の結果はというと…

             

             

             

             

             

             

             

             

            C値は0.2㎠/屬箸覆蠅泙靴拭!

             

            これは1屬紡个垢覯箸侶箚屬0.2㎠ということになります。

             

             

            省エネルギー基準の家(全国)の数値としては、5㎠/屬箸い錣譴討い泙垢里

             

            比べ物にならないくらい良い数値です。

             

             

             

             

             

             

            写真の資料にもある通り、北海道のような外気の影響を受けやすい寒い地域でも

             

            安心できる数値ということになります。

             

             

             

             

             

             

            実際に現場で測定して出た数値というのは、

             

            どうやってもごまかしのきかないものです。

             

            これだけ良い数値が出れば、

             

            私共も胸を張って気密性能の高い住宅です!と言えます。

             

            数値を見える化することによって、お客様の安心にもつながります。

             

             

             

             

            それにお客様との現場打ち合わせの際も、家の中と外では体感温度が全然違うんです!

             

            気密性能が高いことで、外張りの断熱材がしっかりと役割を果たしてくれています。

             

             

             

             

             

            それもこれも、日々職人さんたちがを誇りを持って施工に取り組んでくださっている証ですね。

             

            本当にありがたい事です。

             

             

             

             

             

            石谷町の新築平屋建てのこの現場、

             

            いよいよ仕上げの工程に差し掛かろうとしております。

             

             

            引き続きよろしくお願いいたします(^^)

             

             

             

             

            こちらもまたブログ更新してまいります!

             


            姶良市鍋倉リノベーション現場〜若葉マーク日誌〜

            0

              お世話になっております。

               

              正匠の営業工務 平石でございます。

               

               

               

               

               

              今回も姶良市鍋倉にてリノベーション工事中の現場の近況報告をします!

               

               

              現在弊社の加工場にて、大工さんが造作家具等の施工に入っております。

               

               

               

               

               

               

              こちらは住宅などで使用されるタイルですが、

               

              これをあるものに使用したいと考えております。

               

               

              さて一体何に使用するのでしょうか?

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              完成後の写真をご覧ください。

               

               

               

               

              こちらはダイニングテーブルです!

               

              センターに縦方向で先ほどのタイルを貼ってあります。

               

               

              タイルは耐熱性に優れているため、鍋などの熱いものでもそのまま置けるので

               

              敷物をする手間が省けますし、なによりデザインがかっこいいです!

               

               

               

              そして、このダイニングテーブル…これだけではないんです。

               

               

               

               

               

              170センチ×80センチと十分な大きさのあるダイニングテーブルですが

               

              お施主様のお子様やお孫さんが来られた際などのスペースの確保、

               

              料理の配膳のしやすさを兼ねて

               

              キャスターを造作で作っていただきました。

               

               

               

              使用しないときには

               

              ダイニングテーブルの下にはまるように高さも決めてあります。

               

               

               

               

               

               

              クリア塗装もばっちりです!

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              そしてもう1つ。

               

              キッチンのレイアウトをする際にで気になるごみ箱の置き場所。

               

               

               

               

              このようなごみ箱専用のキャスターを造作で作っていただきました。

               

              こちらは、キッチン造作収納の下段にすっぽり入るような大きさにしてあります。

               

               

               

               

              写真の右側の最下段にキャスターが入ります。

               

               

              このゴミ箱用キャスターの加工にも、大工さんの工夫が施されています。

               

               

               

               

              写真では少しわかりにくいですが、先端の方に角度をつけたカットをしています。

               

              キャスターを直す際に角をぶつけないようにと、

               

              大工さんの優しさが隠されておりました。

               

               

               

               

               

              こうしたお客様のご希望を叶えたり、

               

              設計者の提案を実際に形にしてくださる大工さん、

               

               

              現場に出ていない日も加工場で日々造作に励んでくださっております。

               

               

               

               

               

               

              そして現場の方では、

               

              左官さんが漆喰塗りの下地施工、養生に入っております。

               

               

               

               

               

               

              どのような漆喰の仕上げになるのか楽しみです!

               

               

               

               

               

              建築の世界に入ってまだまだ経験の浅い私ですが、

               

              たくさんの職人さんたちが関わってくださり1つの住宅を完成させる、

               

              それはとてもありがたい事だと日々実感しております。

               

               

              この感謝の気持ちは仕事で返していくしかないです。

               

              そのためにも、1つ1つの現場に真剣に向き合わなければなりません。

               

               

               

               

               

               

              こちらの現場も残すところ約1か月半となりました!

               

               

              お客様に喜んでいただけるように、

               

              そしてこの住宅のいい部分をもっともっと多くの方に

               

              知っていただけるように

               

              ブログの更新も頑張ってまいります!

               

               

              また更新します(^^)


              鹿児島から横浜へ!〜若葉マーク日誌〜

              0

                 

                お世話になっております。

                 

                正匠の営業工務、平石です。

                 

                 

                 

                2月6日(木)に、工務の池田と一緒に横浜まで行ってきました(^^)

                 

                 

                 

                 

                2人で旅行……ではなく、もちろんお仕事です!

                 

                 

                 

                 

                 

                というのも、この度LIXILメンバーズコンテスト2019の

                 

                表彰式に招待されましたので行ってまいりました!!

                 

                 

                 

                 

                LIXILメンバーズコンテスト2019とは、

                 

                全国で14,000社以上(2019年4月時点)の工務店、リフォーム店が

                 

                お客様にとっての”いい住まい、いい暮らし”をいかに実現するかを競う、

                 

                住宅施工例コンテストです。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                会場となったのは横浜ロイヤルパークホテル。

                 

                首が痛くなるほど高さのあるホテルでした(゜o゜)

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                表彰式の会場内では

                 

                大賞候補に選ばれた会社のプレゼンを生で聞くことができたり、

                 

                普段お目にかかれないような有名な建築家の方の意見を聞けたり…

                 

                とても貴重な体験をさせていただきました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                今回このコンテストでは、

                 

                弊社が2018年にお引き渡しをした頴娃町のリノベーション物件を

                 

                お施主様のご了承のもと応募させていただきました。

                 

                 

                 

                 

                 

                先代の思いをお子様へと繋いでいきたい、

                 

                というお施主様の強い想いから始まったこのリノベーション。

                 

                 

                 

                構造部材を多く化粧材で見せて、

                 

                これまでの歴史を感じさせる空間になりました。

                 

                 

                 

                 

                「思いをつなぐ家」と題したT様邸ですが、

                 

                リフォーム部門地域最優秀賞をいただくことができました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                なんとこの地域最優秀賞、

                 

                全体で13社選ばれており九州でこの賞をいただけたのは弊社が1社でした!

                 

                とても光栄なことです。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                まず1番に、

                 

                私共ににお仕事のご依頼をしてくださった

                 

                頴娃町のT様本当にありがとうございました。

                 

                 

                そして協力してくださった関係業者の皆様方の

                 

                お力添えがあってこそいただけた賞だと思っております。

                 

                本当にありがとうございましたm(__)m

                 

                 

                 

                 

                お客様に喜んでいただける家づくりを第一に考えることはもちろんのこと、

                 

                このような賞までいただけたことは本当に嬉しいことで、

                 

                私たちの自信にもつながる結果となりました。

                 

                 

                 

                 

                 

                今後は今よりももっと新築もリフォームの性能向上が求められてくる時代になっていきます。

                 

                そこにどれだけ思いを向けられるか、そしてその結果をいかに皆様に知っていただくかが

                 

                とても重要なことだと再認識いたしました。

                 

                 

                 

                 

                私ももっと知識をつけて性能向上に関する考えを深めていきたいと

                 

                改めて思えた経験となりました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                せっかく横浜まで行けたので少し観光もすることができました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                また来年も招待されるようお客様に満足していただく

                 

                家づくりを目指していきます!

                 

                 

                 


                毎度お世話になっております。

                0

                  お世話になっております!徳重です^^

                   

                  今日は、昨年姶良市で平屋を新築させて頂きましたS様邸の1年点検でした♪

                   

                   

                  写真撮りまーすっていうと、業者さん達は、絶対よそを見ます🤭

                   

                   

                   

                   

                   

                  1年点検、2年点検は 業者さん達にも参加して頂き、

                  建具の調子や窓サッシの調子、水道電気廻りのチェックをしてもらい

                  大工さんには、屋根裏に上がってもらってボルト締めなど

                  小一時間かけて点検をさせていただきます!

                   

                   

                  初めは、たくさんの人に驚いていた子供さん達も

                  落ち着いた後はマイペースになり、

                  ピタゴラスイッチを食い入るように見てました(*^^*)

                  家づくりを始めるときは、おなかの中にいた次男君。

                  引き渡しと同時期に生まれてもう1歳です。

                  時がたつのは早い(´;ω;`)

                   

                  寝室代わりの子供室に設置されたエアコンは

                  建物の性能なのか、効きが良すぎます^^とのこと。

                  ありがたいことです♪

                   

                  そして引き渡した後でも、

                  こうやって時間を割いてくださる業者さん達にも感謝です☆

                  皆さんのおかげで、良い性能のお家が完成します!

                  ありがとうございます!

                   

                  現在、姶良市鍋倉でリノベーション工事、

                  鹿児島市伊敷にて増築新築工事、

                  鹿児島市石谷町にて新築工事を行っております!

                  伊敷と石谷の方は、現場見学ももう少し可能です^^

                  ぜひ、一度『性能にこだわった』家づくりをご体感ください♪

                   

                   

                  徳重 


                  姶良市鍋倉リノベーション現場の近況報告〜若葉マーク日誌〜

                  0

                     

                     

                    お世話になっております!!

                     

                    正匠の営業工務 平石でございます。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    今回のブログは姶良市鍋倉にて現在工事中の

                     

                    リノベーション現場の近況報告をさせていただきます(^^)

                     

                     

                     

                     

                    こちらのお宅は現在「Webでリノベ塾!」でも紹介している現場になります。

                     

                    「Webでリノベ塾!」では主に性能の件に関することなどを

                     

                    お知らせしております。

                     

                    興味のある方は是非そちらの方も覗いてみてください☆

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    さて!今回ピックアップするのは

                     

                    玄関入ってすぐのところにある約8畳分の土間スペース。

                     

                     

                     

                     

                     

                    こちらのスペースはいったい何に使用するお部屋なのでしょうか…

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    正解はご主人の遊び部屋です(^O^)/

                     

                     

                     

                     

                     

                    土足であがるため床面には足場板を貼ってあります。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    お部屋の真ん中あたりのステージ上には、

                     

                    仕上げの際にマキストーブを設置。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    そのため、大工工事で余った木材の端切れを

                     

                    焚き物用で大工さん方に保管して頂いております。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    マキストーブの横には手洗いカウンターを設置。

                     

                    そして西日を考慮した小さめの窓の隣に、

                     

                    奥様が貼ってくださったタイルの棚が取り付けてあります。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    大人かっこいいお部屋のアクセントとして奥様の貼ったこのタイルが

                     

                    1つ目を引く存在となりました(^^)

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    お施主様ご夫婦の遊び心いっぱいのこのスペースは

                     

                    これから壁面を漆喰で仕上げていきます。

                     

                     

                    いったいどのような部屋が完成するのでしょうか(*^_^*)

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    乞うご期待です!!!

                     

                     


                    民家再生見学会!

                    0

                      この度、NPO法人の結の夢来人・絆プロジェクトさん主催の牛馬小屋を民家再生したモデルハウス『もみじの家』にて、ものづくり体験及び研修を開催させて頂くこととなりました。

                      空き家をお持ちでどのように活用していいかお困りのかた、またリノベーションにご興味のある方は、是非遊びにいらしてくださいね😊

                      ご来場を楽しみにお待ち申しあげております!

                      お問い合わせは、こちらまで↓

                      090-9674-8901



                      << | 2/43PAGES | >>

                      カテゴリ

                      最新記事

                      アーカイブ

                      旧ブログ

                      サイト内検索

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << May 2020 >>

                      リンク

                      その他

                      携帯

                      qrcode