正匠ブログ:スタッフ日記
「正匠の家」スタッフ日記

正匠の姶良市深水の材料加工場?の日常

0

     

    お世話になっております。

     

    寝る前の歯磨きの時間が、日に日に長くなっている池田です。

     

    さて、タイトルの通り今回は姶良市深水にある正匠の加工場こと、事務所裏のガレージでの日常をご紹介致します!

     

     

    僕が以前記事にしたインスペクションについてで登場した現場がもうすぐ着工となります。

     

    リノベーション工事という事で新築よりも工程が多いですが、既存の物にうまく合わせつけ

    そこにある思い出や想いを残したまま、性能向上を図ることが出来ます。

     

    今回の姶良市平松の現場の一部には、屋根を瓦からガルバリウム鋼板へと

    葺き替えを行う工程があります。

    屋根を葺き替えるにあたって、既存の瓦が4寸勾配(1mの距離の間に40兢紊望紊る傾斜)なのですが、

    ガルバリウム鋼板で仕上げた際には、3寸勾配に勾配を変更します。

     

    その着工前の準備として、着工前に正匠のガレージで屋根の材料を加工しておりましたので

    その様子を皆様にお届け致します。

     

     

     

     

    材料を加工していたのは写真の端に写っている正匠スタッフの小松さんです。

     

     

     

    正匠の家づくりでは、軒裏に防火板を貼って塗装して仕上げるのですが、屋根の骨組みである母屋を

    四角い製材のまま使用してしまうと、母屋の角の形が軒裏に出てきてしまいます。

     

    その角の形が出ない様に母屋を軒裏の幅分、斜めにカットして使用します。

    この加工をケラバカットと言うのですが、どうやらその加工をしている様です。

     

     

     

    しっかりほぞ穴まで加工すれば、後は時期を見て現場に搬入して組み込むだけです。

    実際には屋根を解体した後に、現状の垂木のピッチを確認して同じピッチで垂木かぎを入れたり、

    この材料を組む為に既存の母屋を加工したりと、沢山やることがあります。

     

    それでも、ここまで材料を準備しておけば、少しでも工期短縮になるという訳です。

     

    ついでに、このほぞ穴加工を行う道具は以前の僕の記事にも登場しておりますので、

    是非ご覧ください(^^)

     

     

     

     

    勾配変更後の小屋束もバッチリほぞ加工されていました。

     

    これで屋根の構造材はおよそ準備完了です。

    あとは解体後に鬼が出るか蛇が出るか……

     

     

     

    ……何も出ないことを祈るばかりです(^^;

     

     

     

     

     

     

     

    最後は最近平石さんのブログ徳重さんのブログに登場している癒し部部長の一枚です。

     

     

    何かを見ているのか少し目線を外して、かわいいというよりはイケメンですね……

     

     

    以上!池田でした!

     

     


    コメント
    コメントする








       

    カテゴリ

    最新記事

    アーカイブ

    旧ブログ

    サイト内検索

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    リンク

    その他

    携帯

    qrcode