正匠ブログ:スタッフ日記
「正匠の家」スタッフ日記

シロアリは本当に怖いです。〜白石ではなく、平石です〜

0

     

     

    お世話になっております。

     

    正匠の営業工務 平石でございます。

     

    6月に入り暑さの厳しい日が続いていますね((+_+))

     

    何もしていなくても汗が滴ってくる、そんな私です。

     

     

     

     

    さて今回は、13年前に正匠でリフォームをしてくださったお客様より

     

    リフォーム工事のご依頼がありましたので行ってまいりました。

     

     

    工事内容は、大まかにご紹介するとシロアリ駆除、シロアリ被害があったところ補修施工、

     

    1階トイレの出入り口の増設工事でした。

     

     

     

     

     

     

    まずはシロアリ被害の件に触れていきます。

     

     

    当時リフォーム施工に入った徳田大工と現況調査に伺い、

     

    一通りお施主様ご希望の工事内容の確認をしました。

     

     

     

     

    その中でも施主様が急ぎで対処してほしい!おっしゃっていたのが、

     

    現在のシロアリの有無の確認、被害にあっている箇所の補修でした。

     

     

    私たちが現況調査に入ったときはすでに、

     

    勝手口の枠材がシロアリに食われており

    ドアの重みがかかっている状況で、開けるのも一苦労でした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    早速いつも依頼しているシロアリ業者さんに連絡をし、まずは状況の確認をすることに。

     

    すぐに駆除と防蟻処理が必要との事で、シロアリ駆除と防蟻薬剤の散布と同時進行で、

     

    大工さんによる補修工事を進めていきました。

     

     

     

     

     

     

    いざ壁を解体して内部の状態を確認してみると、

     

    シロアリ被害は想像以上に大きいものでした。

     

     

    1階から2階までを支える通し柱という構造材が

     

    ほぼほぼやられている状況だったのです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そもそも、今回シロアリが家の中に侵入してきた原因はなんだったのか…

     

     

    それは、バルコニーの排水ドレンの劣化によるものでした。

    ※排水ドレンとは、バルコニーに設置されている排水を流しだす排水口のことです。

     

     

    排水ドレンが軒天部分の取り合いから外れてしまい

     

    グラグラの状態になってしまっておりました。

    ↓「グラグラじゃっど」と言っている様子

     

    バルコニーに打ち付けた雨水が排水ドレンを通って1階部分まで流れる途中で

     

    軒天の内部に雨水が侵入してしまい木材が濡れているところにシロアリたちがやってきたのです。

     

     

     

     

     

     

    2階部分も床を剥ぐとこのような状態に。

     

     

    家を支える柱がほぼないような状況だったので、

     

    その柱のところだけは外壁のコンクリートで2階部分を支えられているような危険な状態でした。

     

     

     

     

     

    お施主様にも今回の内容をお伝えしたところ

     

     

    「こんなに大掛かりな工事になると思わなかった。

     

     でも今気づいて対処してもらえたから本当に良かった」

     

    と、被害の大きさに驚きながらもホッとされている様子でした。

     

    その姿に、建築に携わる身としては、少しの慢心が

     

    重大なことにつながるということを改めて感じました。

     

     

     

    シロアリ駆除や薬剤の散布、被害部分の補強・木材の取替えはもちろんのこと、

     

    今回原因となった排水ドレンの交換、

     

     

     

     

    軒天部分の補修工事、

     

     

    バルコニーの防水塗装工事、

     

     

     

     

     

     

     

    外壁部分の塗装工事まで完了し、

     

     

     

     

    根本的な原因まで改善することでお施主様に安心していただけました。

     

     

     

     

     

     

     

     

    床組にも被害があったため、

     

    クッションフロアの貼り替えまでしました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    私もボロボロになった柱を現場で目の当たりにし、シロアリの怖さを改めて感じました。

     

     

     

     

     

     

    安心を得るためにも定期的な点検は必要だなと改めて感じることでした。

     

     

     

     

     

     

    今回施工させていただいた施主様の工事の件ですが、

     

    トイレの出入り口の増設工事もされたので工事内容をご紹介しようと思っていました。

     

    ですが・・・・シロアリの件が思ったよりも長くなってしまいましたので

     

    また次回ご紹介させていただきます。

     

     

     

    また近いうちに更新いたします!

     

     

    白石ではなく、平石でした!


    コメント
    コメントする








       

    カテゴリ

    最新記事

    アーカイブ

    旧ブログ

    サイト内検索

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    リンク

    その他

    携帯

    qrcode