正匠ブログ:スタッフ日記
「正匠の家」スタッフ日記

姶良市 帖佐中学校前の新築現場にて

0

    お世話になっております。


    設計・工務の池田です!


    皆様いかがお過ごしでしょうか?



    さて、今回は帖佐中学校前の現場にて気密検査を行いました。



    過去のブログにも登場していますが、気密性能の事を理解する上で重要なのが『c値』という値です。


    このc値ですが簡単に言うと『建物全体の隙間の大きさ(㎠)を建物の延べ床面積()で割った数』です。


    この値が低いほど、家の外壁や屋根に隙間が少なく、故に隙間からの熱の移動が無いということなのです。



    正匠では現在0.5以下を基準数値としていますが、最低でも1以下は欲しい所です。


    気になる帖佐中学校前の現場の結果ですが、『c=0.3』でした!




    正確にはc=0.303でした。

    最近の現場の平均は、0.3から0.2の間を行き来しているような感じですので、充分な値です。


    ですが、満足してはいけません。

    正匠としては更に気密性能を上げ、暖房の効きや24時間換気の熱交換を、ちゃんと生かせるようなランクまで家の品質を上げ、お客様に健康な毎日を送って貰うことが1つの使命な訳です。


    勿論、建てる家を良くする方法は気密性能の向上だけでは無いので、僕も1人の建築を考えるものとして、正匠の社員として、色々な問題の解決や品質向上を目指していきたいと思います。








    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カテゴリ

    最新記事

    アーカイブ

    旧ブログ

    サイト内検索

    カレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    リンク

    その他

    携帯

    qrcode