正匠ブログ:スタッフ日記
「正匠の家」スタッフ日記

伊敷の現場にて

0

    お世話になっております。


    設計工務の池田です。



    先日、伊敷の新築現場にて配筋検査がありました!


    新築の場合、お引き渡しまでにいくつかの検査を受けるのですが、配筋検査はその中でも、一番最初に受ける検査になります。


    家を支える土台や柱、梁の力を地面に逃がす為の基礎ですので、家の重さを全て受けることになります。



    そんな、家の中でも重要な基礎ですが、基礎を構成している材料は主に2つです。


    一つ目はコンクリート、もう一つは鉄筋です。


    コンクリートは圧縮する力に対して、鉄筋は引っ張る力に対して抵抗します。



    基礎の施工が終わってしまうと、コンクリートの状態は外側から見ることができますが、コンクリートの中に埋まってしまう鉄筋は、後から確認や検査することは難しくなります。


    なので、事前に検査を行います。



    検査は第三者機関に行ってもらいます。



    検査する内容としては、鉄筋のピッチや、実際にコンクリートが入った時の鉄筋までの厚さ等を、スケールで当たりながら見ていきます。



    結果は勿論、合格でした!


    今回はここまでになります。



    設計工務の池田でした!



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カテゴリ

    最新記事

    アーカイブ

    旧ブログ

    サイト内検索

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    リンク

    その他

    携帯

    qrcode