正匠ブログ:スタッフ日記
「正匠の家」スタッフ日記

国分広瀬の新築平屋建て 上棟お清めでした!〜白石ではなく平石です。〜

0

     

     

    お世話になっております。

     

     

     

    正匠の営業工務 平石です。

     

     

     

     

    さて、早速ですが国分広瀬の新築平屋建ての現場にて

     

    先週上棟のお清めをしてまいりました。

     

     

     

     

     

    当初の予定では餅まきまでする予定でしたが、

     

    コロナウイルスの感染拡大により、

     

    人が密集する機会を作るのは今は避けたいというお施主様のお気遣いにより

     

    上棟お清めのみ行う運びとなりました。

     

     

     

     

     

    幼い息子さんは最初は屋根の上には行きたくないようでしたが、

     

    最終的に一緒に屋根に上ってくれました☺

     

     

     

     

     

     

     

     

    奥様も下で見守ってくださっている中、

     

    お施主様ご家族、棟梁、正匠スタッフでしっかりとお清めを行いました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    現在、現場は

    床下地・天井下地・壁下地の施工へと入っております。

     

     

     

     

     

     

    話は変わりますが、

     

    正匠の家づくりは基本的にはお客様のお家の間取りができた時点で

     

    自社での構造計算をしております。

     

    こちらの現場は耐震等級3という数値が出ております。

     

    計算した位置に筋交いという斜めの木材を取り付け、

     

    さらにあんしんボードという耐力面材を壁面全てに貼り付けていきます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ここで少し耐震等級の話をさせてください(^^)/

     

     

    https://school.stephouse.jp/article/detail/31/から引用

     

     

     

     

    上記にあるように耐震等級3とは病院・学校などの

     

    通常避難所になるような建物よりもさらに上の耐震性を持つ建物となります。

     

     

    消防署や警察署が倒壊してしまっては、

     

    緊急事態の際に対応できなくなってしまいますよね。

     

    それくらい強い建物であるという証明が耐震等級という数値で表されています。

     

     

     

     

    建てるからにはできる限り強い建物をお客様に提供して、

     

    安心して暮らしていただけるようにと思っております。

     

     

     

     

     

    前回のブログでも書きましたが、

     

    どれだけ見た目のいい家ができても性能が伴っていなければ

     

    私たちの目指す家づくりはできません。

     

     

     

    気密・断熱・耐震、とどれだけ良い性能の家ができるか、

     

    お客様が快適に安心して暮らせるかが大切なことだと思っております。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    また現場を進める中でも安心をお届けするために

     

    コロナウイルスの心配などの対策を万全にする必要があります。

     

     

     

    その為現場に入る際のアルコール除菌を設置するなど

     

    小さなことですが職人さん達にも協力していただくため

     

    コロナ対策をとっております。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    最後になりますが、

     

    こちらの現場は木材の長物を切った際に出る

     

    短い材や材料が届いた際の木材の受け木として現場に搬入する木材などを

     

    近隣の方等に有効活用していただければと思い

     

    セルフでお持ち帰れるように棚を配置しております。

     

     

     

    こちらもお施主様のご厚意により設けることのできたスペースです。

     

     

     

    ご家庭でのDIYや焚き物などにご活用いただければと思います。

     

     

    またこちらのコーナーは、

     

    弊社事務所の駐車場にも設けておりますので

     

    皆様ぜひ事務所にも遊びにいらしてください(^^)/

     

     

     

     

    今後の新築平屋建ての近況、また更新していきます!


    国分広瀬の新築平屋建て 建て方でした!〜白石ではなく平石です。〜

    0

       

       

      お世話になっております。

       

       

       

      正匠の営業工務 平石です。

       

       

      先日久々に体重計に乗ったら5キロも増量してました(^_^;)

       

      夏までに5キロ絞ろうと計画中です。

       

       

       

       

       

      さて、4月より国分広瀬の新築平屋建ての現場がスタートいたしました。

       

       

      3月末に地鎮祭を行い、

       

       

       

       

       

      4月中旬に鎮め物を入れて、大まかな工程の説明をいたしました。

       

       

       

       

       

       

      そして昨日、一昨日で建て方が終了しました。

       

      現段階で、連休中に雨が降っても内部に水が入らないよう

       

      雨仕舞まで完了してもらっております。

       

       

       

      ところで、なぜ私たちが断熱を外側で施工するのか・・

       

      という点について少し解説させていただきます。

       

      (こちらは基礎断熱施工後の写真です。)

       

       

       

      床で断熱をせず基礎で断熱をする理由として、

       

      外気の影響を基礎の中に持ち込まないことで床下の温度が安定し、

       

      足元の寒さをなくすことができます。

       

       

       

      屋根も垂木と言われる下地の外側で隙間なく断熱材を施工していきます。

       

      もちろん、屋根下地の上に断熱材がありますので、

       

      小屋裏(屋根裏)と言われる空間も断熱材の下の空間となります。

       

      構造材の外側に断熱材があることで、構造自体が外気の影響を受けにくい環境にすることができます。

       

       

       

      (こちらは建て方時に屋根垂木に施工した断熱材の写真です。)

       

       

       

      最後に壁断熱ですが、下の写真で貼られている耐力面材の外側で

       

      断熱材を貼っていきます。

       

       

      (こちらは耐力面材のあんしんボードまで貼った写真です。)

       

      いまからの工程でボードの外側に断熱材を隙間なく貼っていきます。

       

       

      外断熱は、柱間で断熱する充填断熱とは異なり、

       

      断熱欠損が起こりにくく、隙間を少なくすることも可能になります。

       

      そうすると、家全体の断熱性・気密性ともに向上させることができます。

       

      基礎・壁・屋根と、家の中をすっぽりと断熱材で包み込むことで、

       

      外気の影響を受けにくくなり、家の中の人間にも木材にも優しい家となります。

       

       

       

      お客様に安心して、長く住んでいただくからこそ、

       

      見た目はもちろん性能の高い家づくりがご提案できるよう

       

      断熱性・気密性には特に力を入れています。

       

       

       

       

      さあ2日間の建て方で家の形がある程度出来上がってきました。

       

       

       

      お施主様も何度か見に来てくださり、

       

      建て方のスピードの速さに驚いていらっしゃいました。

       

       

       

       

       

      連休明けから、内部の下地や配線・配管、外部は屋根の施工へと入っていきます。

       

       

      これからまだまだ工事が続きますが

       

      どうぞよろしくお願いします!

       

       

       

       

       

      また進捗状況を更新していきます。

       

       

      平石

       


      石谷町の新築現場 お引き渡し式でした!〜白石ではなく平石です。〜

      0

         

         

         

        お世話になっております。

         

         

        正匠の営業工務 平石でございます。

         

        4月の4日に入社1年を迎え、「若葉マーク日誌」を卒業しました!

         

        今回は「白石ではなく平石です。」というカテゴリー名を授けられてから

         

        初めてのブログ更新となります。

         

         

         

        ※意味の分からない方は前回の記事をご覧くださいませm(__)m

         

        ↓こちらの記事です(^_^;)

        http://blog.seisyohome.co.jp/?eid=577

         

         

         

         

         

        さて、かねてより工事を進めておりました

         

        鹿児島市石谷町の新築平屋建て住宅のお引き渡し式が先月末に完了致しました!!

         

         

         

         

        今回も工事完了後に業者さん方に集まっていただき

         

        社内検査をしてからのお引き渡しをいたしました。

         

         

         

         

         

         

        お引き渡し式が終了して、

         

        引き続き取説・玄関鍵のお渡しまで無事完了しました!

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        長年家づくりと向き合ってこられたお施主様。

         

        いろいろな経緯があり正匠を選んでくださったとのことでした。

         

        本当にありがたい事ですし、ご縁というものは不思議なものだなと感じることでした。

         

        家の仕上がりは統一感があり、すっきりしたものに見えますが

         

        至る所にお施主様のこだわりが散りばめられています。

         

         

         

         

         

         

        たとえば誰もが自然と腰かけたくなるような高さの小上がりを

         

        リビングと和室の間に設けたり…

         

         

         

        気づいたら座っている、そんなちょうどいい高さです(*^_^*)

         

         

         

        キッチンから子供たちが宿題をしている様子や遊んでいる姿がいつでも見れるよう

         

        目線の高さにスキップフロアを設けたり…

         

         

         

        また、2階建てに憧れていたという娘さんも

         

        スキップフロアで2階建て気分を味わうことができ

         

        とても喜んでいる様子でした。

         

         

         

         

        さらに、お施主様のお父様が左官さんということで

         

        内部の漆喰施工や内外部のタイル施工など

         

        お父様が施工をしてくださいました。

         

         

         

        春休みシーズンということもあり、

         

        お施主様の甥っ子さんやお姉様、お母様も現場に来られて加勢をしてくださっていました。

         

         

        家づくりはたくさんの職人さん方の手によって進めていくものですが、

         

        今回はさらに家族総出で家づくりにご協力していただき、

         

        たくさんの想いがこもった住宅が完成しました!

         

         

        本当に皆様ありがとうございました。

         

         

         

         

        こちらの現場は私が正匠に入ってから初めて担当させていただく新築工事で

         

        個人的にとても思い入れのある現場でした。

         

         

        いつもそうなのですが、職人さん方にたくさん助けていただきながら

         

        現場を進めてこれたと思います。

         

         

        そして何よりいつも気さくに話しかけてくださったお施主様ご家族には

         

        本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

         

        これからも長いお付き合いになっていくと思います。

         

        末永くよろしくお願い申し上げます。

         

         

         

         

         

         


        ひみつ基地みたいな部屋完成しました!〜白石ではなく平石です。〜

        0

           

           

          お世話になっております。

           

          正匠の営業工務平石です。

           

           

           

          今回はリフォームの紹介をさせていただきます。

           

           

          17年前の新築OB様のご依頼により、

           

          リフォーム工事をさせていただきました。

           

           

          内容は吹き抜けを子供室へと変身させる工事です。

           

           

           

           

           

           

               −既存吹き抜け部分−

           

           

           

           

          17年経った現在もお綺麗にされていて

           

          当時の正匠のこだわりが感じられる素敵なおうちです(*^_^*)

           

           

           

          また社員大工の徳田さんが正匠の仕事をしてから初めての現場だったようで

           

          懐かしみながら現場確認をしておりました。

           

           

           

           

          工事が始まると、

           

          現場担当の徳田大工さんと小松さんで養生をばっちり行い

           

          2階の床下地の施工へと入りました。

           

           

           

           

           

          床下地の施工、

           

           

           

           

          こちらは既存のタイコ梁を下地にして30mmの厚さの杉の浮造りフローリングを貼りました。

           

           

          そうすることで、2階から見ると2階の床面、

           

          1階から見ると1階の天井、と現状ある立派なタイコ梁も見せつつ

           

          1階天井、2階床を施工することが可能となりました。

           

           

          水平を取るためにタイコ梁の上にスペーサーになる木材をかませて

           

          細かく調整をして下地の完成です。

           

           

           

           

          そして次の工程は、床の浮造りフローリングの施工。

           

           

           

           

          壁の施工へと続き、

           

           

           

           

           

           

          コンセントの増設、シーリングファンをペンダント照明へ変更して、

           

           

           

           

           

          建具の取り付け、

           

           

           

           

          最後にエアコンを設置。

           

           

           

           

          実働1週間ほどで吹き抜けだった空間が子供室へと変身しました。

           

           

           

           

           

          お施主様の娘さんも自分だけのお部屋ができて大満足の様子でした。

           

           

           

          完成した部屋はひみつ基地のような空間で、

           

          「夜家族みんなでこの部屋に集まって過ごすくらい

           

           気に入っています(^^)」と喜んでいただけました。

           

           

           

          更に吹き抜け部分に天井ができたため、

           

          エアコンの効きがとてもよくなったとのことでした。

           

           

           

           

           

          最後にお施主様から送っていただいたお気に入り箇所を紹介させていただきます。

           

          娘さんのお気に入りはペンダント照明と、

           

          元々の柱や束に合わせて大工さんが取り付けた壁面の上の箇所、との事でした!

           

           

           

           

          細かいところまで大工さんがきれいに仕上げてくださいました(*^_^*)

           

           

           

           

          奥様のお気に入りは、建具のデザインとの事でした。

           

           

           

          こちらの建具は、お施主様ご家族が正匠の事務所隣のモデルハウス「もみじの家」に

           

          来てくださった際にご覧になり即決でこのデザインとなりました。

           

           

           

           

           

           

          新築を建ててから17年経った現在でも弊社にお仕事を依頼していただけて

           

          本当にありがたく感じることです(^^)

           

           

           

           

          私も経験が浅いのでリフォームでこんなことができるんだと

           

          勉強させていただけた現場となりました!

           

           

           

          新築OBのお施主様、

           

          本当にありがとうございました!!

           

           


          | 1/1PAGES |

          カテゴリ

          最新記事

          アーカイブ

          旧ブログ

          サイト内検索

          カレンダー

          S M T W T F S
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          31      
          << May 2020 >>

          リンク

          その他

          携帯

          qrcode