正匠ブログ:スタッフ日記
「正匠の家」スタッフ日記

中津野の新築現場にて

0

    お世話になっております。

     

    設計工務の池田です。

     

    先日、中津野の新築現場にて気密検査を行いました。

     

     

    この中津野の新築は「ソーラーサーキットのお家」の仕様になります。

     

    この「ソーラーサーキットのお家」では、普段、断熱材が貼り上がったタイミングで行う気密検査に合わせて、完済時にも気密検査を行います。

     

    今回の現場の気密はC=0.258でした。

     

     

    ↑このパネルの表示上は四捨五入を行うため、C=0.3になっています。

     

    また、度々ご説明しておりますが、C値に関しては下記の記事をご参考下さい。

    http://blog.seisyohome.co.jp/?eid=525

     

     

    1階部分が建物本体から飛び出し、2階部分は屋根になる「下屋」や、逆に1階部分に部屋があり、その上の2階部分にバルコニーがある「インナーバルコニー」等があると、構造が複雑になり外壁との取り合いが増える為、細かな部分まで考えながら施工をしないと、気密検査でいい数値が取りにくくなります。

     

    事例の外観を見て頂けると分かるかと思いますが、正匠の家づくりは、この中でも特に「下屋」を採用する場合が多く、今回の中津野の現場も「下屋」と「インナーバルコニー」の両方がある形状をしています。

     

    そんな中でC=0.258といういい検査結果が出ました。

     

    後は完了時の2回目の気密検査まで、この状態をどれだけ維持できるかが問題です!

     

    2回目の検査結果をお楽しみに!

    以上、池田でした!


    2018年 現場の年越し準備

    0

      お世話になっております。

      設計工務の池田でございます。


      2018年も本日まで、今年も各新築現場は〆縄を付けて年越し準備万端でございます。








      今年も沢山の方に支えて頂き、ありがとうございました。

      来年も頑張って参りますので、これからも宜しくお願い申し上げます。


      設計工務 池田



      2018年仕事納めました。

      0

         

        2018年お逢いした、すべての皆さまに感謝いたします。

        今年も多くの新築、リノベーション物件のお仕事に係わり、

        よい1年となりました。

         

        来年もお客さまの声に向き合い、ステキな家づくりのサポートに

        努めていきたいと考えております。

         

        災い転じて福となす。そんな2019年を祈りつつ

        明日もコツコツすすんで行きます。

         

        よいお年をお迎えください。

         

        正匠:つじむら


        本日はサテライトオフィスで。。。

        0

          今年は暖冬基調とのことで、比較的暖かい冬のようですが、、、

          まぁ、冬は冬。寒いことに変わりわなく。

          暖炉でホッコリの日曜日。

           

          「もみじの家」で仕事するのも悪くない。暖炉ながめながら、お仕事中です。

           

          本日も「もみじの家」で皆さまのお越しをお待ちしております。

           

           

           


          寒くなるこれからの季節に備えて

          0

            いよいよ本格的な寒さがやってきました。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

            本格的な冬を迎えるにあたって家内の寒さでお困りの方も多いのではないでしょうか。

            夏場は熱中症。冬場はヒートショック。

             

            冬場の家内事故が、多くなる季節に突入します。

            寒さを我慢せずにお過ごしください。家の寒さに係るご相談いつでもお受けいたします。

             


            そして、つぎの現場へ。

            0

              夏至も過ぎて、田植えも終わって、まもなく6月も終わり。

              微妙な温度変化を全身で感じる今日このごろ。

              どうも、つじむらです。

               

              進行中の現場がまもなく上がりをむかえる、匠たち。

              つぎの現場について語っております。

              通訳がほしいと感じるくらいの、ネイティブ鹿児島弁であります。

              半端ないって。

               

              それはさておき。

              リフォーム、リノベーション現場は予期せぬ事態が発生することもしばしば。

              それは構造的なことから、その建物特有のモノまで。

               

              そんな中この匠たちは、これまで積重ねてきた知恵や技術をもって、

              最良の選択をし、対応してくれます。

              教科書通りにいかないコトを可能な限り。

               

              さて、明日はこの匠たちと新たなリノベーション現場で打合せ。

              つぎの現場もよろしくお願いします!

               

              それでは。


              日常の風景。

              0

                 

                梅雨の晴れ間が続いて、田植えが急ピッチで進んだ模様。

                キレイな田園が広がる、ここ姶良市深水の日常。

                いつかは、田んぼをやってみたいと考えてる、

                つじむらです。

                 

                いよいよ梅雨らしい湿度感がでてきました。

                うだるような暑さ、ベトベト感が続くと思うと・・・。

                 

                そんな中、こんなにも素敵な風景が日常に広がる、感じられる場所が

                近くにあるだけで嬉しくなります。気分は爽快です!

                田園の変化を楽しみながら仕事します。

                 

                姶良市深水からお届けしました。

                それでは。

                 

                 


                新たなリノベーション案件。

                0

                   

                   

                   

                  歴史的な会談が行われた2018年6月12日。

                  握手する瞬間をみて歴史が動いた感覚を覚えました。

                  皆さんいかがおすごしでしょうか。

                  つじむらです。

                   

                  さてこちらは、歴史ある平屋をリノベーションする案件。

                  その先に想いをはせながら、家族が幸せに生活する空間をイメージし、

                  築年数約57年の30坪程度の平屋をリノベーションします。

                   

                  いろいろなアプローチがありますが、今回は「暑さ・寒さ」に対する

                  アプローチがメインです。

                  もちろん、経年で感じのいい風合いに仕上がった構造材なども活用します!

                   

                  どんな空間になるか、楽しみです。

                  それでは。


                  伊敷の現場にて

                  0

                    お世話になっております。


                    設計工務の池田です。



                    先日、伊敷の新築現場にて配筋検査がありました!


                    新築の場合、お引き渡しまでにいくつかの検査を受けるのですが、配筋検査はその中でも、一番最初に受ける検査になります。


                    家を支える土台や柱、梁の力を地面に逃がす為の基礎ですので、家の重さを全て受けることになります。



                    そんな、家の中でも重要な基礎ですが、基礎を構成している材料は主に2つです。


                    一つ目はコンクリート、もう一つは鉄筋です。


                    コンクリートは圧縮する力に対して、鉄筋は引っ張る力に対して抵抗します。



                    基礎の施工が終わってしまうと、コンクリートの状態は外側から見ることができますが、コンクリートの中に埋まってしまう鉄筋は、後から確認や検査することは難しくなります。


                    なので、事前に検査を行います。



                    検査は第三者機関に行ってもらいます。



                    検査する内容としては、鉄筋のピッチや、実際にコンクリートが入った時の鉄筋までの厚さ等を、スケールで当たりながら見ていきます。



                    結果は勿論、合格でした!


                    今回はここまでになります。



                    設計工務の池田でした!



                    雨の楽しみ。

                    0

                       

                      九州南部地方、まもなく梅雨入りか!? そんな週間天気になってきました。

                      皆さん。雨の日はどんな過ごし方をしますか。

                      足掛け3年−紫陽花の剪定に大成功した、つじむらです。

                       

                      私は、家でゆっくりと過ごすのが好きです。本を読んだり、ゴロゴロしたり。

                      インドア満喫です。最高です。

                       

                      ただ、雨の日は洗濯物やお掃除が中々はかどりません・・・。

                      出かけるのも大変です。

                       

                      なんだか、気が滅入っていまいそうですが、きれいな紫陽花を眺めたり、

                      ゆっくりとした時間を感じるにはとても良いシーズンです。

                      ぜひ、雨の日の楽しみを見つけてみてはいかがでしょうか。

                       

                      明日はまもなくスタートする、リノベーション現場へ行ってきます!

                      それでは。

                       


                      | 1/3PAGES | >>

                      カテゴリ

                      最新記事

                      アーカイブ

                      旧ブログ

                      サイト内検索

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>

                      リンク

                      その他

                      携帯

                      qrcode